外来・ドック予約 インターネット予約はこちら
外来・ドック予約 インターネット予約はこちら

呼吸器内科

呼吸器内科は、空気の通り道(肺や気管支)や胸膜などの疾患や症状を診療する科目です。当院の呼吸器内科では、風邪症候群、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、気胸などの急性疾患から、気管支ぜんそく、アレルギー性ぜんそく、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺結核、気管支拡張症などの慢性疾患まで、様々な呼吸器疾患の診断と治療、および管理を行っております。「咳が長引く」「痰が切れにくい」「動くと息切れがする」「胸が痛む」といった症状のある方は、呼吸器疾患が隠れている可能性がありますので、早めに受診なさるよう、お勧めいたします。他にも呼吸器のことで気になることがございましたら、何でも遠慮無くご相談ください。
対象疾患
風邪
インフルエンザ
咽頭炎
扁桃炎
気管支炎
気管支拡張症
肺炎
間質性肺炎
気管支喘息
COPD
肺結核
気胸
アレルギー性鼻炎
花粉症
禁煙希望
睡眠時無呼吸症候群
症状
長引く咳が2~3週間以上続いて止まらない方
風邪の後に咳が長引き治らない方

すぐに風邪をひいてしまう方
ヒューヒューゼイゼイすることがある方
痰が切れないで困っている方
動くと息切れがする方

発熱
のどの痛み
胸の痛み
息切れ
呼吸が苦しい
いびき
胸の異常な陰影
健康診断で、呼吸機能の異常を指摘された方
“COPD”という言葉を耳にし、自分もそうではないかと心配している喫煙者の方
禁煙をしたいのだがきっかけがつかめないでいる方
喘息ではないかと言われた方、ご自分で喘息ではないかと心配な方
夜中に息が苦しくなって起きる方
明け方に咳が出て眼が醒める方
会話や電話中に咳が出だすと止まらない方
主な症状や疾患

長引く咳

長引く咳で困っていませんか?
気管支炎、気管支喘息、咳喘息の診療・治療を行います

風邪症候群やインフルエンザなどの呼吸器感染症の場合、咳は徐々に軽くなっていきます。2~3週間は咳があるかもしれませんが、徐々に治まってきて、8週間(2ヶ月)以上も続くような咳はそれほど多くはありません。3週間以上つづく咳は「遷延性の咳(長引く咳)」、8週間以上続いている咳を「慢性の咳」と言います。咳は長引くほど感染症以外が原因となっていることが考えられます。こうした場合、アトピー咳嗽、気管支喘息、咳喘息、逆流性食道炎、副鼻腔炎などの呼吸器疾患が疑われます。咳が長引く前(咳が出始めて2週間以上経つ前)に受診をお勧めいたします。胸部レントゲン、血液検査、肺機能検査、胸部CTで精密検査をし、咳の悩みを解決させていただきます。もちろん、肺がん、肺結核、肺炎などの病気がないかもチェックします。

主な症状の訴え

ゼーゼー・ヒューヒューと呼吸困難を感じる
咳が出だすと続く
話をすると咳き込む
走ると咳がでる
夜間ふとんにはいると咳が出る
鼻汁が喉に流れる
胸焼けも感じる
アルコールを飲んだ後に咳が続く
気道が過敏になっていると判断し、咳喘息や気管支喘息を疑います。咳喘息の30%は気管支喘息に移行します。気管支喘息に至ると完治は難しく、年間1700名の死亡者も報告されております。咳喘息のうちに治療していただきたく存じます。

肺炎

肺炎は日本人の死亡の第3位の病気です。(平成28年度)
90歳代では、「肺炎で亡くなる方」が「がんで亡くなる方」よりも多くなっています。

肺炎とは、主に細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こす疾患です。呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合や、病気やストレスなどのために免疫力が落ちている時など、つまり感染力が防御力を上回った場合に、病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染し、肺炎になってしまうのです。
がん、心臓病に続いて、肺炎は日本人の死亡原因の第3位を占めています(平成23年人口動態統計)。高齢者や慢性の病気を持っている方などは肺炎にかかりやすく、しかも治りにくい傾向がありますので、要注意です。予防や早めの治療が重要で、予防には「肺炎球菌ワクチン」の接種が有効です。

間質性肺炎

肺は、肺胞というブドウの房のような形をした、ごく小さな袋がたくさん集まってできています。間質性肺炎は、この肺胞の壁の正常な構造が壊れ、線維化が起こる疾患です。肺胞の壁を通して人は酸素を体内に取り込んでいるのですが、この壁が硬く、厚くなるために、酸素が取り込みにくくなってしまいます。間質性肺炎の原因は、膠原病、塵肺、アレルギーなど様々です。原因不明の場合は、特発性間質性肺炎と呼ばれます。50代以降に多く、労作時の息切れや空咳(痰を伴わない、乾いた咳)などの症状が現れます。
治療としては、ステロイドや免疫抑制剤、鎮咳薬などによる薬物療法が行われます。
風邪をきっかけに病状が急激に悪化することがありますので、風邪予防のために日頃の手洗い、うがいを徹底する必要があります。また、肺炎やインフルエンザの予防接種を受けておくことも大切です。

気管支炎

気管支とは、気管から肺に向けて左右に枝分かれした部分です。ウイルスなどの感染により、この気管支の粘膜に炎症が起こり、咳や痰などの症状のほか、時に発熱、食欲不振、全身倦怠感といった全身症状がみられる場合があります。これを一般に(急性)気管支炎と言います。風邪に併発することが多く、風邪による上気道の炎症が気管支へと波及することによって発症します。
肺炎でも咳や痰、発熱がみられますが、肺炎と違って、気管支炎では胸部X線写真上に肺の陰影が認められないので、この差によって見分けがつきます。
原因の多くはウイルスですから、根本的な治療薬はありません。このため治療としては、鎮咳薬や去痰薬、消炎鎮痛薬、解熱剤などによる対症療法が中心になります(インフルエンザの場合には抗ウイルス薬、細菌感染の場合は抗生剤が用いられることもあります)。

気管支喘息(ぜんそく)

気管支喘息はゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴を感じる場合と咳が主症状となる場合があります。咳が出だすと続く、話をすると咳き込む、走ると咳がでる、夜間ふとんにはいると咳が出る、アルコールを飲んだ後に咳が続くなどのお話から気道が過敏になっていると判断し、丁寧な聴診、胸部レントゲン、肺機能検査、呼気中一酸化窒素濃度測定(FeNO)、血液検査から気管支喘息と診断できます。外来で処方させていただき、自宅で毎日できる簡単な吸入薬(吸入ステロイド)が有効ですが、吸入方法がきわめて重要ですので、吸入方法もご説明させていただきます。ステロイドと聞くと副作用が心配となる方もいらっしゃいますが、内服ではありませんので、糖尿病や骨粗鬆症、免疫低下などの全身性の副作用を心配する必要はありません。患者様によっては、声が枯れるとおっしゃる方もいらっしゃいますが、吸入ステロイドの種類を変更することで、声枯れも改善することが多いと思います。
また当院では最新の装置を用いて呼気中の一酸化窒素の濃度を測定し、診断を行うだけでなく喘息治療の効果を判定しながら診療を行っていきます。

咳喘息

咳喘息は気管支喘息の一歩手前の状態です。咳のみの症状で、気管支喘息のようなゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴を認めません。咳が出だすと止まらない、夜間の咳、明け方の咳、会話で咳、笑って咳、冷気で咳、エアコンで咳、ラーメンの湯気で咳など軽度の刺激でもせき込むのは気管支喘息同様です。咳は激しく、肋骨を打撲したり、尿失禁したりすることもあります。30%は気管支喘息に移行しますので、咳喘息のうちに治療することが重要です。

肺がん

肺の気管や気管支、肺胞の一部の細胞が何らかの原因でがん化したものです。肺がんは進行するにつれて周囲の組織を破壊しながら増殖し、やがては血液やリンパの流れに乗って転移していくことが少なくありません。
肺がんは日本においてはすべてのがんの中でもっとも年間の死亡者数が多いがんですが、その一般症状は、ほかの呼吸器疾患の症状と区別がつかないことが多いため、なかなか治りにくい咳、血痰、胸痛、喘鳴、息切れ、声がれ、発熱などがみられる場合には受診をお勧めします。喫煙歴のある40歳以上の人は、特に注意が必要です。

肺気腫・COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)(肺気腫および慢性気管支炎)では、肺の中で酸素と二酸化炭素の交換をする肺胞という組織が溶けていき、呼吸する面積が減少します。原因のほとんどはタバコやPM2.5などの大気汚染です。咳や痰、階段昇降時の呼吸困難を認め、進行すると呼吸不全のために酸素療法が必要となります。外来で処方させていただき、自宅で毎日吸入できる簡単な吸入薬(気管支拡張薬や吸入ステロイド)と禁煙で改善が望めます。

過敏性肺臓炎

過敏性肺炎は、カビや鳥類の糞や羽を吸入して発症するアレルギー性肺炎で、夏型過敏性肺炎(住居のカビを吸入して発症)や鳥関連過敏性肺炎(現在の鳥飼育での発症だけでなく、隣人の鳩飼育、羽毛布団の使用、公園、神社、駅、庭に飛来する野鳥や野鳩の集団棲息、鳥の剥製や鶏糞肥料の使用など間接および無自覚の抗原曝露で発症)が代表的です。 咳や歩行時の呼吸困難を感じますが、かぜが長引いていると患者様は考えてしまうことも多いので、専門医による検査が重要です。

気胸

何らかの原因で肺の一部が破れて空気が漏れ、肺が空気に圧されて小さく縮んでしまった状態(虚脱)を気胸と言います。気胸のなかでも多いのが、肺に生じたブラ(嚢胞)に穴が開く特発性(理由がよくわからない)の気胸です(ほかには外傷による気胸や、女性の生理に伴う気胸などがあります)。肺気胸の好発年齢は10〜20代で、背が高くて痩せた男性に多く、また患者さんの約7割が喫煙者であることが特徴です。
気胸の症状は、突然の胸の痛み、乾いた咳、呼吸困難などです。胸部X線写真によって肺の虚脱が確認されれば、診断がつきます。
気胸が軽度の場合は、時々胸部X線検査を行って経過観察をしながら、自然治癒を待ちます。
中等度以上では、胸膜腔から空気を抜く処置をとります。肋骨と肋骨の間から胸膜腔へ細いチューブ(胸腔ドレーン)を差し込んで、漏れた空気を抜いてやります。こうした保存的治療で治らない重度の肺気胸、または再発を繰り返す肺気胸には、手術が必要です。手術では、原因であるブラを切除・縫縮します。従来は開胸手術が行われていましたが、現在では胸腔鏡手術(内視鏡を用いた手術)が主流となっています。
このように気胸は程度によっては迅速な治療が必要とされますが、当院では総合病院の呼吸器科との密な連携により対応していきます。

肺結核、非定型抗酸菌症

非結核性抗酸菌症は、中高年の女性に多く、咳や痰を生じる疾患です。非結核性抗酸菌症には、100種類近くの菌が同定されていますが、日本ではMACという菌が多くなっています。リファンピシン、エサンブトール、クラリスロマイシンなどで2年近く治療しますが、難治性のことも多く、手術を必要とすることもあります。経過観察と治療のタイミングは難しいこともあり、専門医による判断が重要です。

結核は、その昔流行し、昭和25年までは日本の死亡原因の第1位を占めていました。しかし、適切な治療法が開発されて以来、患者数は一時期を除き、減少を続けています。
ただ、決して過去の病というわけではなく、現在も年間2万人以上の新たな患者が生まれ、年間2,000人以上の命が奪われています。結核は今でも、わが国の重大な感染症なのです(厚生労働省:平成24年結核登録者情報調査年報)。

結核は、結核菌が体内に入り、増殖することによって発症する感染症で、初期症状は風邪に似ています。2週間以上にわたって、咳や痰、微熱が続くようなら、早めに専門の医療機関を受診しましょう。

サルコイドーシス

サルコイドーシスは肺や眼を中心に、肉芽腫という良性の組織を認める疾患です。若い方は健診の胸部レントゲンでリンパ節が腫れていることから発見されることも多いですが、高齢者では眼がかすむ、皮膚の湿疹などで発見されることも多くあります。心臓に病変が及ぶと不整脈を生じることもあります。いずれにせよ早期に診断し、定期的に検査をすることが重要です。

睡眠時無呼吸症候群

空気の通り道の上の方を寝ているときに塞いでしまって、息が一時的に止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」の診断と治療を行っています。

禁煙外来

喫煙が止められない方、喫煙を止めたい方の受診は「禁煙外来」の受診をお勧めいたします。
豊富な提携医療機関
医療機関の皆様へ
スタッフ募集
東京ドクターズ
予約システム
ページトップへ
ページトップへ