外来・ドック予約 インターネット予約はこちら
外来・ドック予約 インターネット予約はこちら

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に10秒以上続く無呼吸が、ひと晩の睡眠している間(7時間)に30回以上、もしくは、睡眠1時間あたり平均5回以上無呼吸が認められる

症状

「いびき」がひどく、呼吸が止まっていると言われたことがある。
睡眠時間は十分なのに、熟睡感がなく日中に眠気がある。
日中、強い眠気がある、集中力が続かないことがある。
睡眠時無呼吸症候群をきちんと治療しないで放置すると、交通事故だけでなく、生活習慣病にかかるリスクも高くなることから、放置すると生命の危険におよぶこともあります。放置するのは禁物ですので、上記のような症状が疑われる際には、速やかに当院を受診してください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査

上記の症状に心当たりのある患者さんは、睡眠時無呼吸症候群の「簡易検査」をされることをお勧めします。専用機器をお貸し出しいたします。

口と鼻に呼吸センサーを、指に血中酸素濃度を調べるセンサーを取り付けていつものように一晩寝ていただくだけです。簡単に装着でき、痛みは伴いません。

睡眠時に得られた呼吸のデータを当院で解析いたします。時間当たりに10秒以上の無呼吸・低呼吸が何回生じるか、また同時に血中酸素濃度の低下が起こっているかどうかを調べ、睡眠時無呼吸症候群の診断および症状の程度を測定します。

さらに精密な検査が必要な場合には、専門医療機関にご紹介いたします。
睡眠時無呼吸症候群をきちんと治療しないで放置すると、交通事故だけでなく、生活習慣病にかかるリスクも高くなることから、放置すると生命の危険におよぶこともあります。放置するのは禁物ですので、上記のような症状が疑われる際には、速やかに当院を受診してください。

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群には治療法があります。深刻な病状ですが、治療法があり、適切な診断・治療を行うことで症状が劇的に改善いたします。治療法は睡眠時無呼吸症候群の原因となっている状態・病状に応じて、下記のような方法から選択いたします。

CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure=経鼻的持続陽圧呼吸療法、通称シーパップ)

鼻に装着したマスクから圧力を加えた空気を送り込むことによって、ある一定の圧力を気道にかけ、気道がふさがってしまうのを防ぐ治療法です。中等症から重症の方にとても効果的で、ほとんどの方で、この治療を行ったその日からいびきをかかなくなり、朝もすっきりと目覚め、昼間の眠気も軽くなります。 睡眠時無呼吸症候群の最も有効な治療法として、欧米や日本で広く普及しています。

マウスピース

就寝中の顎の位置を少し変えるだけで改善が見込めるような軽症レベルの方が適応になります。また、無呼吸の症状はみられないが大きないびきでお悩みのいびき症の場合にも有効な治療法です。就寝時に、気道を広く確保するよう下顎を上顎よりも前に出るように固定するマウスピースをつけて症状を和らげます。専用のマウスピースですので、作製する際には専門の歯科医をご紹介いたします。

生活習慣の改善

肥満やお酒も無呼吸を引き起こす大きな要因と言われています。これらの習慣を見直すこともあわせて治療していきましょう。

肥満の方は、減量のために食事を腹八分目に抑え、適度な運動も心掛けましょう。
寝酒はやめましょう。お酒は筋肉を弛緩させるため、気道の閉塞をさらに悪化させる可能性があるからです。
睡眠薬のなかには筋弛緩作用を有するタイプのものがありますので、服用にあたってはご相談ください。

外科手術

気道の塞がってしまう部位を、外科的に正常な状態に戻す治療が行われることもあります。このような手術が必要な場合は専門医療機関にご紹介いたします。
東京ドクターズ
豊富な提携医療機関
医療機関の皆様へ
予約システム
ページトップへ
ページトップへ